猫への抗生物質(薬)の飲ませ方



scottish_tachimimi猫ちゃんに薬、特に苦い抗生物質を飲ませる時の飲ませ方には少し工夫が必要です。

なにせ、抗生剤は苦味があるものが多いですから。

苦味を知ってしまった猫ちゃんは次からは更に拒否するようになってしまいます><

ウェットフードに苦い薬を混ぜると、そのフードまで嫌いになってしまう事があるためおすすめできません。

飲ませるのに失敗すると、よだれや泡もダラダラと流して可哀想なので、うちで飲ませている方法を紹介しますね!


猫への抗生物質の飲ませ方

失敗すると次からは更に難しくなる抗生剤の飲ませ方ですが、基本は頭の方から左手の親指と中指で上顎をつかみます。(右利きの場合)

そして、天井の方角を向かせながら、下顎は右手の手の薬指で下顎を開かせます。

その手(右手)の人差し指と親指でつまんだ錠剤をできるだけ喉の奥深くに落とします。

喉の手前に落ちた場合は、指で薬を喉の奥にちょいと動かします。

これは、液体の駆虫薬を飲ませた時なので上に向かせていませんが、こんな感じで利き手と反対の手で、上顎を持ち上げるだけでも口は開きます。

kouseizai_nomasekata

錠剤を飲ませる時には、真上の方を向かせましょう。

錠剤だと、このように利き手の中指か薬指で、下顎を開けて固定しておくとやりやすいですね。

薬は、利き手で人差し指と親指でつまんでおきます。

そして、できるだけ舌の付け根の奥の方に入れて下さい。

もし、喉の手前に落ちてしまった場合は、指で薬をちょんと少し押して、入れてあげてから口を閉じるといいですよ。

口を閉じた後は、ちゃんと飲み込んでくれるまではそのままで。

上向きのまま喉をなでたり、鼻にフッと息を吹きかけたりすると飲み込んでくれる場合もありますよ。


もし、薬が口の中の横や浅い部分に入ってしまうと、猫は薬を吐き出したり頭を降って飛ばすこともあります。

「飲ませたつもりが後から落ちてた・・・・」なんて事もあるので、薬を飲ませた後はすぐにシリンジなどで水を少しずつ飲ませたり、おやつなどを食べさせて飲み込む事を確認して下さいね。

もし、うまく指で錠剤を喉の奥に入れられない場合は、「ピルガン」というグッズもありますよ。

液体の場合はシリンジの方が飲ませやすいですが、錠剤ならこのピルガンでコツをつかめば、簡単に飲ませられるようになります。

インプッターというのもあります。

また、薬の種類によっては薬が食道に長時間貼り付くと、こちらの記事のように炎症を起こしたり大変な病気になってしまう事も。

ですので薬を飲ませた後には、10cc以上の水をシリンジなどでむせないように少しずつ飲ますか、ウェットフードを食べさせてあげると安心ですね。

そして、苦い薬だと猫ちゃんが知ってしまうと、拒否したりするので結構大変なんですよね^^;

獣医さんでやってもらうと、うまくホールドして顔を天井に向かせて薬を喉に落としてから、指でも少し押し込んでくれますが、自宅で嫌がる子は難しい場合もありますしね。

顔を抑えられる事に慣れていない子なども、タオルで全身をくるんであげると、暴れるのを抑えられます。

そして、苦い薬にも工夫をしています。

それは・・・人間の子供用に、お薬用のゼリーがありますよね?

うちは、スッキリンをそのゼリーの代わりに使って、抗生物質をコーティングしてあげたら飲み込んでくれましたよ。

今回のラピスの口内炎のために、抗生物質10日分がでているんですが。

あまり病気をした事がなかったラピスは、顔をつかまれる事、目薬や飲み薬を飲ませられる事に慣れていないんです。

クーやサビィは保護猫で風邪ひいたりしてたので、薬飲んだり、目薬さされたりは慣れているので抵抗はしても、そこまで怖がらないのでやりやすいんですが。

顔をつかまれる事自体が怖い子は、なかなか大変なんですよね^^;

まずは後ろから自分の両足で猫の体をはさみこんで、上顎を左手で頭からつかんで口を開けさせます。

この時、喉がまっすぐ伸びる感じに上を向かせて、右手の指でつまんだ薬を喉の奥に落とします。

右手の指の1本で、下顎も開けさせられるともっとやりやすいです。

喉の奥に入れた後はすぐに口を閉じさせて、しばらく喉をさすったり、鼻に息を吹きかけたりして、飲み込んだら手を放します。

この後、飲みこんでいない場合は、口をクチャクチャしたり、顔を振って薬を飛ばしたりする事もあるのでちゃんと飲んだかを確認して下さいね。

抗生物質は苦いので、喉の奥に入っても後から泡やよだれをダラダラ出す子もいます。

ですので、スッキリンを全体に絡めてから飲ませると、苦さで吐き出そうともしませんでしたよ。

元々ラピスは、スッキリンが大好きですしね。

ただ、スッキリンはベタベタして喉に落としにくいので、塗りつける感じになるんですが、苦くないのでちゃんと飲んでくれていますよ^^

後は、ゼリーが硬めのウェットフードやバターでも、うまく錠剤をコーティングできれば、苦味を隠して飲み込ませる事ができます。

猫ちゃんが暴れそうになった時には、大きめの声で「ニャーニャー」と鳴きマネをするなどの普段と違う音や声を出したり、フーっと息をふきかけたりして気をそらすようにして、その隙に飲ませちゃいましょう^^

薬の後に水など飲ませたら、おやつをあげるといいですね。

動画も見つけたので参考に載せておきます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする