■猫ちゃんのノミ・ダニ・マダニのお薬、割引キャンペーン中!(※会員登録して注文時にクーポンコード入力)
★5%off クーポンコード★
RGWSOLH1
※通販サイトはこちらから↓
>>ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

うずらが脱肛?もしかすると卵管脱かも

\書店では買えない猫の情報満載誌/ ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

うずらのお尻から赤いものが出ている!

まさか、脱肛?!

うずらのハギちゃんのお尻から、赤いものがでていました。

以前一度、脱肛になったことがあり、なんとか処置できたんですが…。

今回は、脱肛の時よりももっと大きなものが…。

こ、これは、もしかして…卵管脱?!

脱肛の時にはネットですぐに調べて、

・粘膜が乾燥しないように綿棒で全体にオリーブオイルを塗る

オリーブオイルを染み込ませた綿棒で幹部を優しく中に戻す

をやりました。

無理に押し込んではだめで、入りやすい場所を探しながら少しずつ入れていきましたよ。

真ん中からではなく、周囲からが入りやすかったです。

今回も、乾燥しないように急いで娘がオリーブオイルと綿棒を持ってきて、私が出ている部分を体内に戻そうとしたんですが…。

卵管は、中に小さめの卵でも入っているように少し硬くて大きくて、なかなかうまく戻せない(><)

中に、軟卵でも入ってて出そうと踏ん張りすぎたかな?!

いつも、うずらを診てくれる獣医さんに電話しても、もう夜で診療が終わっていて通じません。

なんとか治してあげないと命も危ないので、必死に処置を試みました。

普通にハギちゃんを手でホールドしていると、暴れてうまくできないんですが。

ハムスター用のベッドに頭を入れてやると、自分から入ってジッとしてくれるので作業しやすいです(^^)

なんとか体内に入りやすい場所を見つけて戻そうとするんですが、すぐにハギちゃんが力んで出してしまう。

半分程度入ってもまた押し出されてしまうんです。

なので、オリーブオイルをつけた清潔な指で、入った部分が戻らないようにそっと抑えながら、焦らないようにコツコツと中に戻していきました。

やっと、卵管が中に入った!

白っぽく見える部分は、お尻の骨(骨盤?)が透けて見えているみたいでした。

また、卵管が出てこないように少しの間、見ていましたが大丈夫でした。

その後のハギちゃん、すっかり元気になりました。

1歳を過ぎてハギちゃんは、冬になったからか卵を産む頻度は下がったけれど、産まれた卵は軟卵になる事がだんだん増えています。

保温ヒーターで温度が上がりすぎると産卵を促してしまうかも…?

カルシウム補給のためのボレー粉や日光浴もしているんですが、なぜか卵の殻がしっかりできなくて。

だから、余計に卵が詰まりやすくなってるのかな。

もう、卵は産まなくていいよって思うんですが、長生きの子は何年か卵を生み続けるとも聞きました。

今まで文鳥やインコは飼育した事があるんですが、うずらさんはいろいろ難しいですね(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする