■猫ちゃんのノミ・ダニ・マダニのお薬、割引キャンペーン中!(※会員登録して注文時にクーポンコード入力)
★5%off クーポンコード★
RGWSOLH1
※通販サイトはこちらから↓
>>ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)

うずらの腹水がどんどん増えて抜くことに

うずらのカナの腹水ですが、エコーで見てもらった病院で、2週間ほど利尿剤などの薬をもらっていました。

でも、どんどん腹水は増えてしまい、下腹もパンパン。

だんだん呼吸がつらそうに…。

目ヂカラもなく、苦しそうなカナ。

体調が悪い時は、暖かくしてあげなきゃいけないので、水槽ケースは電気マットを使ってケース内を30度程度にしてある。

腹水はお腹(お尻の方)をライトで照らすと、こんな感じで透けて見えます。

腹水を抜いても、元の原因となる病気が治らなければ、また溜まってしまう。

でも、呼吸が苦しい状態だけでもなんとかしてあげたい。

どこか、うずらを診てもらえて、腹水も抜いてもらえる病院はないのか、再びネットであちこち探しました。

そして、近所ではないんですが自転車で15分ほどの動物病院が「ひょっとしたら…」という感じ。

対応の動物に『家畜』と書いてあったんです。

もしかして『うずら』にも詳しいんじゃないかと、とりあえず電話してみました。

「もし、この病院でも腹水を抜くことができなかったら、カナは明日までもつかわからない…」

と、暗い気持ちになりながらも、藁にもすがる思いで電話をかけて聞きました。

「うずらが腹水が溜まって呼吸も苦しそうなんですが、そちらで腹水を抜いていただく事ってできませんか?」

そうしたら、電話に出られた先生が明るい声で、

「できますよー(^^) どんな状態?」と。

カナの腹水を抜くことができる?!

カナの今の苦しみを取ってあげられる?!

期待と不安もありましたが、すぐに娘と準備してカナを連れて病院に向かいました。

病院についたらすぐに、

「まずこっちで見せて」

と、問診票を書いている間に診察室で診てくださいました。

急に腹水を抜くと、圧力の変化でショック状態になる事も心配で先生に聞きましたが、

「ショックになるほどは抜かないよ(^^)」

と。

私達は、カナが耐えられるのか、うまく腹水が抜けるのか…と、不安な気持ちで待合室で待機。

しばらくして呼ばれた時には、抜かれた腹水と、変わらないカナがいました。

相変わらず、あまり元気にはなっていなかったけど、呼吸は少しは楽になったみたい。

先生は、うずらの腹水の原因や、体の仕組み、食事や寿命についてなど、いろいろ説明して下さいました。

そして、ビタミン剤をもらい1週間後にまた、様子を見せに行くことに。

家に帰ったカナは、相変わらずあまり動かずじっとしていました。

でも、呼吸で体が大きく揺れることはなくなったかな。

しばらくしたら、カナが小さい声でヒョーヒョーと鳴いているのが聞こえました。

元気な方のハギは、いつもヒヨヒヨと小さい声を出しています。

でも、腹水で苦しかっカナは、最近全く鳴いていなかったので少し楽になったんでしょうね。

引き続き、電気マットで水槽の小屋の中の温度を上げて、布をかけて暗くして休ませておきます。

たまに、こっちを覗きたがるので、一部だけ小さく隙間を作っています(^^)

次の診察は一週間後。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする