ブロードライン・フロントラインプラス・レボリューション最安値通販

ノミやダニが気になる季節になってきましたね。

外出猫のロンちゃんは、2月でも体にノミをつけて帰ってきたので、冬でもノミ対策は必要かも。

ノミ・ダニ対策シーズンという事で、マダニからの感染症で人が死亡する危険もありますので、しっかり対策される事をおすすめします!

「ノミ・ダニ駆除薬」最安値(送料無料)の通販

全て猫の皮膚に塗布して使う「スポットオン式」のお薬です。

月に1回、首の後辺りにつけるだけなので、お手軽ですよ。

100%正規品保証の通販サイトですし、サイトには多数の

レビューもあるので参考になります^^

フロントラインプラス

【効果】

・ノミやマダニ、ハジラミの駆除
・ノミの卵の孵化・発育まで阻止するダブルの効果

【説明】

皮膚表面の皮脂の層に広がり、「約24時間以内」に
全身をカバーしていきます。

体重は2.5~7.5kgの猫に対応。

【期間】

ノミに対しては約1~3ヶ月間、
ダニに対しては3週間新たな寄生を予防します。

効果の持続が長く、強い効果がありますが、
ペットや人には安全で、安心して使用出来ます。

【使い方】

ペットの首筋に垂らすだけで成分が全身にゆきわたります。
肩甲骨の間の1ヶ所にピペットの全量を滴下します。

>>フロントラインプラス2.5-7.5kg(猫用)

ブロードライン

【効果】

・ノミ及びマダニの駆除
・ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
・回虫(猫回虫)、鉤虫(猫鉤虫)及び条虫(瓜実条虫、猫条虫、多包条虫)の駆除
・犬糸状虫の寄生(フィラリア)予防

【説明】

ブロードラインは近所の病院では、2200円(税別)でした。

フロントラインプラスのメリアル社の新しいノミ・ダニ駆除薬で、体内の虫にも効果があります。

【使い方】

猫の肩甲骨間背部の被毛を分け、皮膚上の1部位にシリンジ全量を滴下する。

体重2.5kg未満の猫用と、2.5kg~7.5kg用があります。

>>ブロードライン・スポットオン猫用(Broadline) 2.5-7.5kg

>>ブロードライン・スポットオン猫用(Broadline) 2.5kg未満

レボリューション

【効果】

・ノミの成虫・幼虫の駆除、殺卵(孵化阻害)
・回虫、ミミヒゼンダニの駆除
・犬糸状虫の寄生(フィラリア)予防

※マダニには非対応

【説明】

ゾエティス社のノミ・ダニ対策薬。耳ダニ(ミミヒゼンダニ)にも効果があるのが特徴です。

【期間】

ノミの感染を一ヶ月間にわたり処置および予防

【使い方】

肩甲骨前方の背面部皮膚へ滴下すると皮膚から速やかに吸収され、血液を介して全身に広がります。

>>レボリューション45mg(猫用/2.6kg-7.5kg)

>>レボリューション15mg(子猫・子犬用/2.5kg以下)

レボリューション(ストロングホールド)

【説明】

日本で販売の『レボリューション』のヨーロッパ市場版
「ストロングホールド」です。

価格的にこちらの方が安く購入できるのがメリットでレビュー数も多く人気です。

メーカーや成分、使用方法もすべて同一です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6-7.5kg)

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

ストロングホールド60mg(猫用/7.6kg〜10kg)

レボリューションは、「ミミヒゼンダニ」に対応しているのが、他のノミ・ダニ対策薬にはない特徴ですね。

また、レボリューションが「マダニ予防」の効果があるような書き方をしているサイトもありますが、マダニ予防の効果はありません。

マダニを予防したい方は、フロントラインプラスや、ブロードラインをご使用下さいね!

うちの猫にはどれを使えばいい?

ノミ・ダニ対策のスポットタイプの薬は、種類があって迷う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ノミやマダニなどを心配されているなら、「フロントラインプラス」が皮膚の表面のみに効くタイプなので、体内にまで効果がでる「ブロードライン」よりも副作用の心配も少ないかと思いますよ。

ただ、野良ちゃんなど、口を開けて薬を飲ませられない猫の場合、回虫などがいるなら「ブロードライン」や「レボリューション」になります。

ただ、レボリューションは、マダニには対応していません。

また、猫でも稀にフィラリアに感染する事があるので、フィラリア対策されたい場合は、「ブロードライン」か「レボリューション」の選択肢になりますね。

耳ダニがいて、かゆそうにしている場合なら「レボリューション」で耳ダニには対応できます。

ただ、耳ダニが完治したら、フロントラインプラスかブロードラインで、マダニ対策ができるお薬に変えていくといいでしょう。

スポットタイプの使い方のポイント

上記の通販サイトでレビューを見ていると、

ピペット式で慣れている方は、シリンジ式の場合は

使いにくいと感じる方もいらっしゃるようですね。
シリンジ式の場合は、注射器のように持つのではなく、

シャープペンシルをノックする時のように持って、

親指でピストンを押すと力の加減がしやすいですよ。

獣医さんもそのように持ってつけていました。

つける位置は肩甲骨の間と書いてありますが、

猫の舌が届く位置だとなめてしまう場合があります。

我が家では、肩甲骨の間の少し上の方につけていますよ^^

複数飼いの場合は、他の猫ちゃんがなめたりしないように、注意して下さいね。