ドライフードを細かく砕く機械は?ミルサーよりもいいのは

ドライフードを砕く場合、すり鉢で・・・と書いてある事もありますが、すり鉢ではほとんどの部分が粉々になってしまいます。

もし、粉々にしたい場合はすり鉢でもいいんですが、粉のまま食べさせると、むせてしまうのでお湯でふやかす必要がありますね。

老猫や歯が悪い猫には、ドライフードを子猫の離乳食のように、お湯でふやかしてあげればいいので、砕く必要はありません。

でも、ふやかしたドライフードが嫌いな猫ちゃんも中にはいますよね。

また、若い猫ならカリカリっと噛むことで、歯石の予防にもなるので、ドライフードの大きい粒が食べにくい子には、小さめに砕いた方がいいです。

我が家は、ドライフードを小さくしないとつまらせてしまうキャンディのために、キャットフードを細かく砕く道具はこのピルクラッシャーをずっと使っていたんですが・・・。

ピルクラッシャー[楽天]

こんな感じの小粒に砕いていました。

砕き方は、ピルクラッシャーで完全にゴリゴリと最後までひねってしまうと、粉になっちゃいますからね。

なので、フタを軽くひねってコリッと音がした所で一旦止めて、フタを開けて割れた大きさを確認していたんですが・・・。

これでは、作業はかなりの手間がかかります><

毎日、少しずつ手作業でコツコツやるのが好きな方はいいかもですが^^;

子供たちがテレビをぼーっと観ている時に、ピルクラッシャーでやってもらったりもしてるんですが1時間~2時間がかりで作ったものでも2日位で食べきっちゃうキャンディ。

細かくした後にも、大きい粒が混ざっていないかチェックしてから、粉を除いて袋に詰めなきゃいけないですしね。

そこで、ピルクラッシャーで2~3粒ずつ砕くよりも、ミルサーやフードプロセッサーで砕いたら、時短できるんじゃないかと今頃気づいたんですが・・・。


そこで、他にもドライフードを砕いている人がいないか、ミルなどでちゃんとうまく砕けるのか、調べてみましたよ。

アマゾンでミルサーのレビューを色々見てみたら、やっぱり粉にする目的の方が多いですね。

ペット系のブログを見たら、老犬や小柄な子のためにドライフードを砕いている方も意外といらっしゃるようでした。

そこで、フードプロセッサーで砕いている方のブログで、チョッパーの方が粒の大きさが揃うと書いてあったんです。

早速アマゾンで今度は、チョッパーで調べた所、ドッグフードをハサミで小さくカットしていた方がこのチョッパーを使って「良かった」と書いていたんですよ。

こちらの小さめのカットチョッパーのレビューなんですが、老犬用に砕いているそうです。

以前は、楽天市場の方が送料込みでも安かったんですが、今はAmazonの方が値下がりして、少し安くなってますね。

楽天ユーザーさんはポイントで買うなら、楽天の方がいいかな?

《送料無料》プレカットチョッパー 

その後、家にフードプロセッサーの電動の小さめがあったのを思い出して、今日はそれで砕いてみました。

dryfood_foodpro

大きめの粒は除いて、後からまたカットするとして、粉を粗目の網で除いて・・・。

(※粉だとむせてしまうらしいので)

dryfood_kudaku

粉がこんなに出るので、結構ムダにしてしまっているかも。

dryfood_kona

脂っこいロイヤルカナンの子猫用が喉の滑りもいいと思ってあげていますが、粉はもったいないですね><

粉のままだとむせるらしいので、他の方がやってるように粉をお湯でふやかしてみたら一応キャンキャンは少しだけ食べてくれました♪

candy_kona

でも、パサパサして食べにくいようで、少ししか食べなかったですけどね^^;

これで、今まで1時間以上かけていた作業が、短時間でできるようになりましたよ。

もっと早く気づけばよかったのに、今までは思考停止状態でした。

うちにあったフードプロセッサーは景品で頂いたものですが、丁度こちらと似ています。
コンパクトなので、邪魔にならないサイズで電動なので楽ちんです。

同じのがAmazonにもありました。

>>YAMAZEN フードプロセッサー

たくさん必要な場合は、粉も多めかもしれませんが手動よりも電動の方が楽ですね^^;