Dr.にゃんすいを猫は飲んでくれる? うちの猫の感想



猫専用の高濃度水素水、Dr.にゃんすいが届きました。

うちの猫たちはちゃんと飲むかな?と心配もあったんですが、飲まなかった時には返金保証もついていますし、初回は破格なのでとりあえず試してみる事にしました。

猫の「腎不全」や「泌尿器系の病気」「加齢」など、体調を気にする飼い主さん。

そして、安全で猫の体にいいものをあげたい飼い主さんが、猫ちゃんに水素水をあげているのは以前から知っていましたが。

うちも、オス猫2匹とメス猫3匹がいるので泌尿器系の病気も心配ですし、腎臓など体に負担の少ないものをあげたいと思っていました。

加齢と共に、猫の腎臓病の確率が高まりますしね。

中には、若い猫でも生まれつき腎臓が悪い子もいます。

腎臓の病気のこわい所は、末期にならないと症状があらわれない事。

放置しておくと腎臓の濾過機能が悪くなるので、尿毒症になり死に至る場合もあるんですが、早期に食餌療法を行う事で、進行を抑制できる事もわかっています。

水素水は悪玉活性酸素を除去してくれますし、にゃんすいは猫の体に悪影響を及ぼすミネラルもゼロ。

人用の水素水にはミネラルが含まれていますし、人間用のミネラルウォーターも猫とってはよくありません。

にゃんすいは、ミネラルがゼロというだけでも体に優しいのに、高濃度の水素も含まれているという事で徐々に注目が集まっているんですよ。

病気の元となる体内の活性酸素を除去してくれるので、人間の間でも今は水素水ブームですよね^^

『にゃんすい』は、NHKの「あさイチ」にも出演されている中野ペットクリニックの鈴木院長からも推薦されています。

悪玉活性酸素を除去してくれるので、アレルギーの猫ちゃんにもおすすめとの事です。

『にゃんすい』の箱を開けるとこんな感じ。

早速、ラピスが見に来ました。

どうかな? 飲めそう?

ラピス「クンクン・・・?」

小さいお皿に少し『にゃんすい』を入れてみました。

そうしたら・・・・・

ラピスは美味しそうにピチャピチャと飲み始めました♪

( バックに子供たちの声が入ってますが気にしないで下さい^^;)

足らないようなので、途中で継ぎ足したらまたピチャピチャと・・・・。

普段は浄水器の水や、蛇口から垂れる水を飲みたがるラピスですが『にゃんすい』は、あげた途端に飲み始めました!

ミルクなどの匂いもないのに、こんなに飲んでくれるとは思いませんでしたよ。

猫の体にいい猫専用水素水は、猫にとっても、美味しいお水なんですね^^

もし、『にゃんすい』をそのままで飲んでくれない子には、温めたミルクを数滴混ぜたり、ささみを茹でた汁を少し混ぜてあげるといいみたいですね^^

猫が1日に必要な水分量は、体重1kgにつき50mlが目安です。

体重4kgの猫ちゃんなら、200mlですね。

『にゃんすい』は、開封後もしっかりとパウチの栓をしめておけば、3日間は水素を保持できるので、1日で飲みきれなくても大丈夫です。

飲水量を増やすための「飲ませ方ガイド」も特典でついてくるので、参考にされてみて下さい。

器に出した水素水は、徐々にゆっくりと水素がぬけていくため、にゃんすいの説明書にも書かれていますが、8時間を目安に交換するようにするとベストですね。

ネコ専用の高濃度水素水『Dr.にゃんすい』は、10本セットが2841円、送料無料でお試しできます。(※毎月先着222名まで)

定期コースは20本セットが21%引きの割引価格で続けられます。

いつでも何回でも「配送日の変更」「お休み」「再開」もできるので、猫ちゃんの飲むペースに合わせて届けてもらう事ができるのも嬉しいですね。

賞味期限は製造日より5ヶ月なので、1箱をゆっくり飲む子でも安心です。

飼い猫は、人から与えられた水しか飲むことができません。

猫が自分で体にいい水を選ぶ事はできないので、飼い主さんが選んでくれないと猫はいいお水を飲むこともできませんよね。

水道水よりは、浄水器の水をあげて下さい。

水道水にはミネラルや塩素、トリハロメタンなど含まれています。

腎不全の猫ちゃんのお世話をされている方、猫ちゃんのアレルギーで困っている方、

猫ちゃんの健康を考えている飼い主さんは、まずはお気軽に試してみられては?

>>「Dr.にゃんすい」がお試しできる公式サイト

>>『Dr.にゃんすい』の詳細記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする