クローズアップ現代の「ネコに家が壊される 多頭飼い飼育崩壊」

クローズアップ現代で多頭飼育崩壊について放送されましたね。

多頭飼育なら避妊去勢手術をしなければ、ものすごい数でネコが増えてしまうという現実。

80匹ものネコたちの毎月のエサ代・病気の治療費などと比べたら、最初の数匹に避妊・去勢手術をする費用の方がはるかに安いですよね。

それに、管理されない妊娠を繰り返す母猫の方がよっぽど可哀想です。

子猫を産んでから、約1~3ヶ月が過ぎると、また母猫は次の発情が来て妊娠してしまう事がありますから><


出産後の母猫は、子猫たちに栄養をとられるので、かなりやつれた状態です。

出産した頭数が多いと子猫も母乳不足になったり、母猫のやつれもひどくなります。

そんな時は、飼い主も子猫にミルクをあげたりして補助します。

scottishfold_junyuu

2ヶ月や3ヶ月じゃ、母猫の体もまだ完全に回復していません。

多頭飼いで不妊去勢手術をしたり、オスメスを隔離するなどの管理をしっかりしていないと、母猫はまた、そんな状態で妊娠してしまったりするんです。

また、多頭飼いでは、個々の健康状態の変化にも気づくことができません。

トイレに下痢があっても、血尿があったとしても、どの子がそれをしたのか頭数が多いほど把握は難しいですしね。

それに、多頭飼い飼育崩壊では、たいてい部屋や物も猫たちにひっかかれたり、トイレの掃除もできていなくて、悲惨な状態の事が多いですよね。

全員を避妊手術する費用がないならせめてオスメスを別の部屋に離して飼うか、オス猫全員を去勢手術するとか、メスだけでも避妊手術するとかしておけば良かったのに・・・。

そして少しずつ貯金していって、後から残った子達の避妊(去勢)手術をしていけば。

80匹ともなると、里親さん探しも簡単にできるものではないですしね。

焦って里親詐欺に渡してしまったら、猫ちゃんがひどい事になりますし・・・。

猫が好きなだけでは、猫を幸せにはできません。

助けが必要な野良猫たちがいても、全てを救いたいと思っても、できない現実もあります。

あなたの身近でもそんな猫ちゃんや、野良ちゃんの問題があった時、なかなか個人では動きにくいものです。

そんな時には一度、その地域のボランティア団体に相談してみると、何かアドバイスなどしてもらえるかもしれませんよ。

区内にない場合でも、市内でしたら活動団体もいくつか見つかると思います^^

ネットで「 名古屋(地名) 猫 ボランティア 」などと検索するとでてきますので。

動物たちに罪はありませんので、「猫に家が壊される」なんて言われないようにしていきたいですね。