ラプロスを開始した猫ちゃんたち 副作用や飲ませ方



2017年4月5日から販売開始となった猫用慢性腎不全薬「ラプロス」。

早速、飲み始めている猫ちゃんたち、すぐに効果がでるものではないですが、徐々に進行が落ち着いてきているという情報も見られるようになりました。


11頭の慢性腎不全の猫では180日間に、脱水や食欲、活動性の改善が見られて、重い副作用はみられなかったようですが、これからも多くの猫ちゃんが使用していくでしょう。

副作用は、実際に飲ませ続けている猫ちゃんたちも少ないようですが、ラプロスのせいなのかわからないけど、しばらくして一時的に吐き気などがあった猫ちゃんのお話もありました。

他にもお薬を飲んでいたりもするので、ラプロスの副作用なのか限定はできないですが、飼い主さんも、慎重に様子をみてあげる事が大切ですね。

ラプロスを続けて数値も抑えられ、食欲が増えて体重が回復したという猫ちゃんのお話も結構みかけます^^

価格は、動物病院によって1錠100円~200円と多少の幅があるようです。

朝晩の食後に1日2回なので、100円と200円では1日200円の差になりますね^^;

実際に、ラプロスを開始した猫ちゃんたちの薬の飲み方や様子は今のところこんな感じです。

砕いて飲ませるのは良くないようです。

ただ、毎日口を開けさせて飲ませるのも、猫ちゃんの性格によっては激しく嫌がる子もいるので、ストレスでもあり、失敗することもある・・・。

難しいですね。

ピルガンなどで喉に入れてから「ちゅ~る」を流し込むというアイディアも、吐き出しが防げるなら良さそうです。

ピルガン

固まりやすいウェットフードで包んでまるめて食べてくれれば、それもストレスなく食べれそう。

毎日の事なので、猫ちゃんができるだけ苦痛なく食べさせる方法をみなさん、考えていらっしゃいますね^^

◆関連記事

>>腎不全の猫ちゃんに飲ませたい高濃度水素水「にゃんすい」っていい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする