猫のノミ取りの仕方やグッズ、ノミ駆除薬のおすすめは?



マンション内の駐車場に来る黒い野良猫ペロちゃんに、今年の夏頃、ノミがいたようで、いつも首を後ろ足でボリボリと掻いていたんですね。

そして、体に白い粉(フケ)がついているのが気になっていました。

ノミによる皮膚炎を起こしていたかも。

フロントラインプラスやブロードラインは、首の後ろの毛をかき分けて、皮膚につけなければいけません。

慣れていて、触らせてくれる野良猫なら使えますけどね。

また、高齢かもしれないので、強い薬は心配です。

そして、うちのお散歩に出るロンちゃんに、とうとうノミがついてしまいました><

野良の黒猫、ペロちゃんはロンちゃんの事が大好きで、いつもすり寄っていくので、ノミをもらっちゃったかもしれません。

ただ、ロンちゃんは以前、ブロードラインをつけていたので、その効果が残っていたのか、ノミはお腹に少しいた程度。

なのでロンちゃんよりも、完全室内飼いの猫たちに広がってしましました><

ノミってどんな形?

ノミって、丸っこいイメージがあったんですが、上から見ると細長いんですね。

なので私は最初、ノミだとは思わずに床にいた黒い細長い虫を指で取ろうとしたら、指を離した瞬間、ピョン!と飛んでビックリ。

まさか、ノミ?!

チャック袋に捕獲したノミを上から見た姿。

血を吸って丸くなったノミを横から見た姿。

最初は、ラピスの首の辺りにいたのを娘が見つけて、「ブロードライン」を病院で処方してもらったんですが・・・。

その後、次々と他の猫たちもノミが何匹も体についていて、猫ベッドや猫のブランケットからも、ノミのフンらしき黒いつぶつぶが・・・・・・。

ノミは血を吸っているので、ノミのフンは水に濡れるとベタベタするし、水に含ませたコットンに乗せて濡らしてみると、赤茶色の色がにじみ出るんですね。

洗面台でブランケットをはらうと、そのノミのフンが表面にくっついて、水で流そうとしてもベタベタして落ちにくいです。

とりあえず、他の猫はノミの数が少ないと思って、昔買ったノミ取り用コーム「ノミキャッチャー」が家にあったので、最初はそれで猫たちのノミを取ってみました。

ノミキャッチャーの使い方は?

これが、ノミキャッチャーです。

こんな風に、コーム部分と持ち手の部分が開くので、そこからノミを取り出せます。

これで、猫達のノミを取るとこんな感じに、少量の抜け毛と一緒にノミがとれるんですよ。

ノミを取ってそのままノミキャッチャーのフタを開けてしまうと、ノミが逃げ出してしまうので、透明の丈夫なビニール袋を用意しておきます。

そして、ビニール袋の中にこのまま、ノミキャッチャーを入れます。

それから、袋の上の方で持ち手の部分をビニール袋ごと握って、逃げ場をなくします。

そうしたら、ノミキャッチャーの透明のコーム部分のフタをはずします。

手で上に押し上げるとパカっと開きます。

外れても、またつけられるので大丈夫ですよ。

そうしたら、ビニール袋の外からコームの毛と一緒にノミを袋の下に落とします。

ノミキャッチャーのフタや本体についているノミも、振り落とします。

その後、ノミを袋の中で一匹ずつ、ビニール袋が破れないようにプチっとつぶしてから、コームをそっとビニール袋から出して、水洗いします。

つぶした時のノミの卵もあるかもしれないので、ビニール袋の中をこぼさないように縛って捨てればOKです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドギーマンハヤシ HoneySmile ハニースマイル ノミキャッチャー HS-…
価格:1419円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)

>>amazonはこちら (プライム送料無料)

ノミの捕まえ方

ノミがもし、逃げてしまった時や、床の上にいるのを見かけた時に、手やティッシュで捕まえようとすると、手を離した時にピョンと飛んで、見失ってしまいます。

床などにいたノミを捕まえる時には、セロハンテープなどで、くっつけて捕るのが一番です。

うちの猫たちにノミがいた時には、いつどこでノミを見かけてもすぐに対応できるように、あちこちに、5センチほどにちぎったセロテープを冷蔵庫や洗面所などにも貼りつけておきました。

こうしておくと、他の部屋にテープを取りに行って、ノミを見失う事が避けられます^^

最後にはブロードライン、そしてフロントラインプラスに

ただ今回、他の猫達のノミ数が多くてコームでは追いつかず、

結局全員に、ブロードラインを処方してもらいました^^;

2500円(税別) ✕ 5匹分。

室内にはノミとりホイホイも夜に置いておいたり、

くまなく掃除機がけをして、なんとか落ち着きましたよ。

それほど、室内でノミを多く見かける事はなかったせいか、

3匹ほど入っていただけでしたが^^;

ただ、「ブロードライン」はキツイのか、

ラピスやキャンディが一時的に少し

元気がなくなったんですよね。

ロンちゃんは、あまり変化を感じなかったんですが・・・。

なので、もし次回もノミが発生した時には、

「フロントラインプラス」にしようと思いました。

フロントラインプラス[Amazon]

こちらも、肩甲骨の間辺りにつけるだけ。
今はお腹に回虫などもいないので、

マダニにも効果がある「フロントラインプラス」で十分ですしね。

フロントラインプラスは、体表のみに広がって、

血中には入りにくい「フィプロニル」という成分なので、

こっちの方が安心して使えそうです。

効果を持続するには、1ヶ月半ごとにつける

必要があるので、3本入りや6本入りだと

Amazonでは送料無料になっていてお得ですね。

**** 追記 ****

秋になって、ロンちゃんのお腹にノミを1匹発見。

そして、ロンちゃんのいる横の床にも2匹ほど見かけたので、

ブロードラインをつけてから1ヶ月半過ぎていたロンちゃんに

「フロントラインプラス」をすぐにつけてあげました。

無事、他の猫に広がる事もなくノミ駆除できましたよ^^