野良の子猫を保護 目が赤い



息子が最近、学校の帰りに見かける子猫が目が赤いと言っていたんです。

少し気になったんですが、民家の前の庭で母猫といたり、ウロウロ道路にも出るというので、飼い猫なのか野良なのか、ハッキリしない様子。

毎日、「今日も目が赤い子猫がいた」と聞くうちに、一度、様子だけ見に行こうと子供たちと自転車で見に行きました。

そしたら、ちょうどその子猫が母猫のおっぱいを飲んでいる所でした。

他の子猫は見当たらず。

そして、その母猫のすぐ近くに、大きな鋭い目の黒猫がスタンバっています。

最初はパパ猫が見守っているのかと思ったんですが・・・。

子猫は、私達がエサを持って近寄ると、こっちに来てくれて全然人を怖がる気配もありません。

授乳が終わった母猫は、黒猫の前でゴロンゴロンと転がって、どうやらさかりが来ているみたいでした。

授乳中で、産後2ヶ月弱程度なのに、また妊娠しちゃったら母猫の体力が心配です。

明るい茶色の母猫は産後なので痩せています。

savi04

サビの子猫は片目が赤く、背中もゴツゴツして痩せていました。

母乳もあまり出ていないかもしれません。

savi06

こんな感じで、紙コップを切ったお皿にウェットフードを乗せたら食べていました。

子猫は片手で持ち上げてみたら、本当に軽くてガリガリに痩せていて、保護する決心をしました。

その場で携帯で獣医さんに連絡したら、すぐに診てもらえるとのこと。

ちょうどその時、その家の方が帰ってきて、確認したらやはり飼っているわけではないそうです。

でも、猫嫌いではないので、庭でも好きにさせてあげているという感じかな。

もう一匹子猫がいて、植え込みの陰の辺りにいると思うと言って探してくれましたが、見つかりませんでした。

そして、保護して治療する事を伝えて、近くの動物病院へ。

目薬と、検便のキットをもらって、フロントラインスプレーをしてもらって帰ってきました。

もちろん、うちの猫たちとは接触しないようにケージをダンボールで周囲をくるみました。

ケージは4年ほど前に、今うちにいる子(クー)を保護した時に使った低めの2段のもので、子猫にはちょうどいいサイズです♪

向かって右側の目が赤くて痛々しいです><

獣医さんでもらった目薬「ロメワン」をこれから1日4回ほどさします。

子猫用のドライフードもお湯でふやかしておいてあげました。

でも、夜になったら下痢が始まっちゃったんです。

ブブッというオナラが聞こえて、軟便をしていました><

たぶん、昼間保護する時に、少し食べさせたウェットフードが子猫用ではなかったのと、あまりちゃんとしたエサを食べ慣れていなかったせいかもしれません。

うんちをするとお腹が減って、でも食べると腸が刺激されてまた出てしまうという感じ。

少し、お腹を休ませないとですね。

明日も下痢が続くようなら獣医さんに行きます。

子ねこなので、一応、小さめのペットヒーターを弱にして入れてあります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする