野良猫の目が赤い 目ヤニがひどい時

野良猫の目が赤い時、目ヤニがひどい時、心配になってしまう事がありませんか?

「野良猫 目が赤い」でYahoo!で画像検索した時に、うちに居着いている野良のロン毛くんの画像がいくつか出てきました^^;

ロン毛のロンちゃんは、目は赤くなかったんですが、サビィが左目だけ赤かったんですよね。

目の中の周りが真っ赤になって腫れていました><


野良猫の目が赤かったり、目ヤニがひどい時はどうしたらいい?

一時的なものなら自然に治る事も

近所のオスの野良猫たちが、ケンカで目をケガしていた事があります。

目が腫れて上の画像のサビィのように赤くなっていたり、もう1匹はまぶたが傷ついて腫れてしょぼしょぼしてあまり開けられなかったり。

しばらくはそのまま痛そうに見えたんですが、2週間くらい経つと徐々に炎症が収まり、2匹とも最後は自然に治っていきました。

ただ、まぶたが傷ついていた子は、まぶたの傷が治った部分がひきつった感じにはなっていましたけど。

飼い猫なら、動物病院で治療して縫うなどの何か処置ができれば、もう少しきれいに治ったのかもしれません。

ほおっておくと後遺症が残る事がある

うちのサビィとクーも、子猫の時に保護した時は目が結膜炎でひどい状態でした。

今も、2匹とも後遺症が残っているんですよ。

クーは赤いだけでなく目ヤニも多く、目が潰れそうなくらいに見えました。

角膜炎も併発していたため、完治した後の今は右目の角膜の一部が少し白っぽくなっています。

それに、これも後遺症のようですが、両目とも涙がいつも出ているんですよ。

ひどい時には病院で目薬をもらってきますが、普段も朝晩、ぬるま湯をつけたコットンを絞って優しくふいてあげています。

やはり、角膜炎も起こしていた右目の方が弱く、よくショボショボしたりもしていますね。

また、サビィも結膜炎になっていた左目は、今もよく涙がでているので、クーと同じようにコットンでふいています。

2匹とも見つけた時には、かなりひどい状態だったので、後遺症が残ってしまいました><

このような後遺症が残らないように、早めに治療する事が一番ですね。

猫の結膜炎の治療と治療費は?

クーとサビィの結膜炎の治療の目薬は、「ロメワン(ニューキノロン系抗菌剤)」と「ティアローズ(非ステロイド性抗炎症点眼剤)」の併用でした。

ロメワンは動物病院でしか手に入らないと思いますが、ティアローズは楽天などの通販でも購入できますよ。

>>ティアローズを楽天市場で見る

>>ティアローズ Amazonはこちら

軽度の結膜炎や角膜炎の場合はティアローズだけでもいいんですが。

野良猫などで結膜炎が長引いてしまっている子は、ロメワンやゲンタロールなどの抗生剤の点眼液を使わないとなかなか治らないため、獣医さんに診てもらった方がいいでしょう。

また、野良猫では結膜炎だけでなく猫インフルエンザなどに感染して、鼻水やくしゃみもある場合もあるかもしれません。

クーとサビィも、鼻風邪でした。

その場合は、抗生物質も処方して頂けます。

料金は病院によって多少違いますが、初診料1000円程度、点眼液は1本1500円程です。

抗生剤は、1週間分で1000円前後がたいたいの目安です。

うちが行っていた病院は、初診料2000円と高めでしたが^^;

結膜炎や風邪での薬の処方なら、5000円もあれば高い病院でなければおつりが来ると思います。

野良ちゃんを治療するには、1日数回目薬をさしたりしなければいけないので、治療期間が1週間ならその1週間は家で飼ってあげないと難しいでしょうね。

人間に慣れていない猫ちゃんに毎日数回の目薬をさすのは困難なので、野良猫を助けたいと思っても、難しい場合もあると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする