保護猫サビィは耳たぶを吸うクセが・・・動画あり♪




保護していたサビィは、里親募集していましたが、里親掲示版には多くの里親募集があり、なかなかいい里親さんが見つからない状態だったんですが。

子供たちがサビィをもう里子に出したくないようで、

「こんなサビた色の猫、もらい手がないよ!」

「こんなサビて、目つきも悪い猫は里親見つからないよ!」

と、ひどい事を言っているようですが、それが可愛いとも思っているのもわかっているので、このままうちの子にしようと決めました^^

「えっ?!このうちの子になれるんでちゅか?!」

savii-3

サビィは人間の耳たぶをチュッチュと吸うクセがあります。

夜中は2段の大きめケージでねんねしてるんですが、朝5時頃に出せ出せと「ミャーミャー」鳴いて起こされます^^;

カリカリと水もケージに入れてるんですが、カリカリをあまり食べてくれないのでお腹が減っちゃうのかな。

で、朝5時頃ケージを開けてあげると誰かの耳たぶを目指していきます。

私は眠りたいので耳は防御するんですが、そうすると娘の耳たぶが一番吸いやすいようで、よく吸われているみたいですね。

お兄ちゃんは耳たぶが小さいんですよ。

最近は、朝だけじゃなく、昼間や夜にも、耳たぶを欲しがるようになっちゃって。

可愛いのは可愛いんですが、私はあまりやって欲しくなく、ほとんどは子供たちが吸わせてあげてあげているんですけどね。

寝ている娘の耳たぶもチュッチュと。

savi0912-2

耳たぶチュッチュの動画はこちら

↓ ↓ ↓

昼間は子供たちがいないんで私がターゲットになっちゃうんだけど、猫じゃらしで遊んで気を紛らしたりしています。

ミルクが飲みたいかと思って、猫用ミルクを作っても、少しなめるだけで砂かけしちゃうんですよね(-_-メ)

でも、今日は私が昼間、座って携帯で電話している最中に、急に耳たぶを求める声で「にゃおーん、にゃおーん」と鳴き出して、私の肩に登ってきたんですよ。

そして、電話中に反対の耳が、チュッチュと吸われている状態にーーー!!

それも、長時間しつこく吸われ続けましたよ。人が防御できないのをいい事に。。。

娘が吸われすぎて耳たぶが赤くなっていた時に、オロナインを塗っておいたら、ニオイがイヤみたいで、吸おうとしても諦めていましたけどね。

だから、そんな防御法もあるんですが、でも、全く吸えないのも可哀想な気もしますしね^^;

これが、ずっと続くのか、今だけの事なのか。

いつまでも続けて欲しい人もいたり、やめさせたい人もいたりと、色々みたいですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする