猫に引っかかれた時の傷の薬とすぐにやるべき対処法は?

猫に引っかかれた時は小さい傷でも、すぐに対応しないと腫れたり、

ひどくなる場合もよくあります。

最初はかゆいと感じるだけの場合も、ちゃんと消毒しておきましょう。

我が家では、猫にひっかかれた時のために、消毒薬だけでなく、

抗生物質の軟膏も常備していますよ。


猫にひっかかれた時の処置・対処法は?

まず、猫にひっかかれたり、噛まれたりした時には、

流水が傷の中に届くようにしっかり洗い流します

最初に菌をできるだけ流して減らす事が大切です。

そして、家庭用の消毒薬でいいので消毒します。

その後、浅い小さいひっかき傷ならオロナインH軟膏でも

大丈夫です。

ですが、できれば、猫を飼っている方、猫と接する機会が

多い方は、抗生物質の軟膏を常備しておかれると安心ですよ。

ちょっと深く猫にひっかかれた時に、抗生物質の軟膏は、

炎症も抑えてくれて、いろいろな菌にも有効なので助かります。

我が家で常備している抗生物質の軟膏は、通販で買っている、

ドルマイシン軟膏です。

楽天市場で扱いショップが多いですね^^

これを常備しておくと、その他の傷やケガ、ちょっとした

やけどの時にも使えるんです。

軽い傷やかぶれならオロナイン、

ちょっとひどくやっちゃった時にはドルマイシンという感じで、

使っていますよ^^

透明の軟膏で、猫にひっかかれた傷を消毒してから、

傷口にちょんちょんと、このドルマイシン軟膏を塗って、

絆創膏などを貼っておくと薬が取れにくいです。

1日3回ほど、絆創膏を交換して塗り直すといいですよ。

ドルマイシン軟膏[楽天市場]

ドルマイシン軟膏[Amazon]

傷が深いと、痛みが3日くらいは続くかもしれませんが、

徐々に治ってきます。

もし、痛みがひどくなる場合は、病院を受診されてください。

猫にひっかかれて腫れてきた時

多少のミミズ腫れなら、ドルマイシン軟膏で治ってきますが、

腫れがひどい場合や、だるくなったり、発熱、リンパ腺の腫れなどの

症状がでてきた場合は、病院を受診してください。

塗り薬で治らない場合は、抗生物質のお薬も飲んだ方がいいです。

「猫ひっかき病」と言って、猫がもつ「バルトネラ菌」に

感染しているかもしれません。

「猫ひっかき病」は、自然治癒では数週間から数ヶ月かかったり、

免疫能力が低いお年寄りやお子さんは重症になる場合がありますので、

早めに受診されて「猫にひっかかれた」事を言ってくださいね。

猫にひっかかれたり、噛まれた傷が痛くなってきた時


ひっかかれたり、噛まれた時には、できるだけ早く流水で、

傷口をしっかり洗い流さないと、後々痛みや腫れがひどくなります。

出先で消毒薬がない場合も、すぐに流水で洗い流す事が大切です。

もし、噛まれたり、ひっかかれた傷がどんどん痛くなってきたら、

病院を受診しましょう。

時間がない時は、抗生物質の軟膏はドラッグストアでも

置いているかもしれません。

私は、飼い猫が急に変貌して襲ってきた事もあり、

足や腕をかなりひっかかれてミミズ腫れになった事や、

野良ちゃんにも数回、保護の時などひっかかれた事もありますが。

その猫たちは幸い、猫ひっかき病の「バルトネラ菌」を

持っていなかったのか、自宅で消毒などの処置で

ひどくはなりませんでしたよ。

飼い猫でも、噛まれたり引っかかれて放って置くと

腫れてきますから、注意してくださいね。

猫にひっかかれたら何科を受診すればいい?

私は、猫に噛まれた時に、洗い流すこともしないでいて、

指がパンパンに腫れ上がった事があるんですよ。

その時は近くの外科に行き、塗り薬と飲み薬を処方されました。

どうしても近くに外科がない場合は、内科でも抗生剤の投与は

してくれますので、傷が気になる場合は受診をおすすめしますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする