猫にひっかかれた傷が腫れてる?病院で抗生剤と破傷風ワクチン

この猫にひっかかれた傷は、横向きで寝ている時に猫が耳にダイブしてきた時のものです。

しばらくして血が止まっても、周囲も赤く腫れている感じです。

耳の後ろと、耳の穴の入り口、耳の下・・・と3ヶ所の傷で、特に耳の傷は流血がダラダラと流れるほどでしたよ><

なんとか血が止まったけれど、少しはにじみ出てくる感じ。

夜中に猫たちの運動会があるのは珍しいことじゃないですけど、傷は嫌ですよね><

猫にひっかかれてやった処置は


前にも書きましたが、昔、猫に噛まれて何もしなかったら、指がパンパンに腫れたんです。

ですので、それからはすぐに洗って消毒薬で消毒。

そして、こんな時のためにも常備している抗生物質の軟膏「ドルマイシン軟膏」を塗りました。

これを塗っておくと傷の治りも早いし、猫にひっかかれて赤く腫れたミミズ腫れも3日以内には治まってくれるんです。

こちらの記事でも書いています。

→ 猫に引っかかれた時の傷の薬とすぐにやるべき対処法は?

すぐに寝たいので、絆創膏も貼っておきました^^

3日目のひっかかれた傷口はどうなった?

毎日、ドルマイシン軟膏を1日3回塗り直していましたが。

少し良くなったかな?とは思うんですが、まだ耳の後ろの傷は周囲も少し紫になって腫れていて、耳の穴の入り口の傷も触ると結構痛いです。

傷のある左側の首も少し腫れているような気がしたり、筋肉痛みたいな痛みもあって寝違いかもしれませんが念の為、病院(外科)に行きました。

「猫ひっかき病」だった場合も心配ですしね。

外科でもらった薬は?破傷風の予防も必要?

外科で傷をみてもらったところ、3日目でこの状態なら心配ないと言われました。

ドルマイシン軟膏を使ったことも話したら問題なく、念の為、3日分の抗生物質(セフゾンカプセル)も出して下さいました。

そして、以前に怪我をした時に、この病院で破傷風の予防接種もしていたんですが。

そのワクチンが少し切れてくる時期だし、また猫にやられる事も考えて、破傷風の予防接種もする事に。

この破傷風のワクチンは、8年ほどは持つそうです。

セフゾンカプセル(抗生剤)は効いた?

セフゾンカプセルを3日分飲んだんですが。

傷の見た目は、少し良くなってきたみたいです。

周囲の内出血らしき紫だった部分は、黄色っぽくなってきました。

でも、耳の穴の入り口の深かった傷は、まだちょっと触れるだけでも痛いです><

引き続き、ドルマイシン軟膏も塗っています。

抗生物質のセフゾンカプセルで治ってくれればいいんですが。

これって、調べてみたら「猫ひっかき病」には効かない種類みたいですね。

猫ひっかき病に有効な抗生物質は

私が飲んだ「セフゾンカプセル」は、セフェム系の抗生物質。

猫ひっかき病に有効とされているのは、マクロライド系の抗生剤、テトラサイクリン系、ニューキノロン系だとか^^;

マクロライド系は「クラリス」なんかは結構よく使われている気がします。

テトラサイクリン系は、「ミノマイシン」、「ビブラマイシン」など。

ニューキノロン系は、「クラビット」など。

猫ひっかき病でなければ、気にする必要はないですけどね。

猫ひっかき病の症状は?


猫ひっかき病の症状が出てくるのは数日~数週間の潜伏期間の後

発疹、膿胞(水疱の中身が膿)、リンパ節、発熱、筋肉痛、頭痛、倦怠感などの症状がみられる事も。

感染は、特に秋から冬に多いらしい。

多くの場合は、無治療でも2~3週間で自然に治るようですが、免疫不全の状態では重篤な状態になる事もある・・・・。

という感じで、もし「猫ひっかき病」だとしても、免疫力があれば自然治癒するという事みたいですね。

 ※国立国際医療研究センター 「猫ひっかき病」の情報あり

野良猫だと「猫ひっかき病」になる可能性が高い?

「猫ひっかき病」の原因菌は、バルトネラ菌。

感染猫の血を吸ったノミが、バルトネラ菌を媒介するので、野良猫や外出猫は感染している確率が高まります。

我が家の猫たちは、元野良猫がほとんどなので、可能性はないとは言えませんね^^;

もしも「猫ひっかき病」に感染していたとしても、自然治癒もあるという事で、少し様子見してみる事にします。。。