ラピス インターキャットと輸液で・・・



ここ数日、ラピスはほとんど食べなくて、お水も飲まず、トイレも行かないという感じです。

だいたい、夜中の1時頃に高い所から降りてくるので、それまで待って、抗生剤とエサをあげてみています。

嗜好性が高いチューブのスタミノンを指につけて鼻の所に持って行くと、食べたそうに首を伸ばして匂いをかいだ後、口をクチャクチャし始めて、首をひっこめてしまう感じです。

美味しそうで食べたいけど、食べると口が痛いんだよなって感じ?

それとも、美味しそうでよだれが出るだけでも口の中が痛いのかな?

獣医さんには、この前診た時も喉の方が赤かったので、カリシウイルスかも知れないとも言われました。

よだれは出ていないんですが・・・。

ただ、血液検査をやるよりも「インターフェロン」を使って早く治療した方がいいとの事で、脱水症状のため輸液と、インターフェロン(インターキャット)の投薬をしてきました。

そして、家に帰ってキャリーバッグから出した途端、ラピスは置き餌のドライフードの所に行って、なんと! カリカリっと美味しそうな音で食べ始めました!!

口の中は痛くないのかな?

結構食べてくれました。

家にあるロイヤルカナンは粒が大きいので、ピュリナワンの美味を求める猫用とかいうような名前のです。

それに変えてみたので、匂いを嗅いでいて食べたいと思ってたのかもしれません。

まさか、こんな早くに薬が効く訳はないし、治ってた?!

と、一瞬思いましたが。

相変わらず、人間からも離れた高い場所にずーっと寝ている状態は続いています。

昼間はずーっと起きてこないし、表情もやはり元気がない感じです。

IMG_4908

水は、洗面所の水を垂らしたのを昨日は飲んで来れましたが、今日はまた、飲んでいません。

トイレは、輸液の後もなかなかオシッコがでなくて、やっと1日経っていっぱい出ました。

でも、おっきい方は出ていません。

食欲はないわけではないし、口もまだ、食べた後多少クチャクチャしているので、完全には治ってないようです。

それにしても、この元気のなさは、やっぱり「うつ」なんでしょうか。

今は全く、ラピスと新入りのサビィは、直接顔を合わせることはありません。

ケージもダンボールで囲っているので、あまり中が見えない状態です。

それでも、やっぱりサビィが家にいる事が、ラピスにはつらい事なのかな?

ネコジルシの里親募集では、何人もの人に応募メッセージをしている方からメッセージがあって、ちょっと怪しいと思い断って、まだ里親さんは見つかっていません。

このまま、ラピスが元気になってくれれば3匹で暮らせるかもしれませんが。

食欲はあっても、水もあまり飲んでいなくて、元気がなく、うつっぽい所が気になります><

他にも、どこか調子が悪い所があるのかな?

元の場所にサビィを戻してあげることも考えてみてますが、それはサビィにとって幸せなのか・・・。

アニマルコミュニケーターさんの話では、猫って自分の好きな事を我慢してまで、長生きしなきゃいけない意味がわからないそうです。

外に出ちゃいけないとか、色々我慢する事ってありそうですが、それを我慢してまで長生きはしたくないような。

野良に戻したら、後は野良としての運命に従うしかない。

サビィがケージにちょくちょく入れられる生活よりも、元の場所に帰って野良の自由さを求めるなら、短命になってもそれが運命なのかな。

人間の長生きして欲しい気持ちと、猫がどれだけの期間、どのように生きたいかは違うのかもしれません。

ただ、まだ子猫のサビィは、エサやりさんもいない所で、母猫の近くでも生きていくのは過酷ですよね。

早く、いい里親さんが見つかるといいんですが、1~2週間でも預かってくれそうな友達も、探してみています。

ラピスは、自分も小さいころは、おじいちゃん猫にじゃれついたりして、困らせてたんですけどね^^;

lapi_scowin

( ラピスのその頃の粗相防止の防水シーツの上で )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする