ブロードライン猫用 副作用はない?ロンちゃん2回目

ブロードライン猫用に副作用は?&使い方

しばらく野良生活を続けていた元飼い猫と思われるロンちゃんに、またブロードラインをもらってきました。

>>ブロードラインの効果の詳細などはこちらの記事

狭い我が家で5匹もいると、やはり外の空気が吸いたくなるみたいで、ストレスも心配なので時々散歩に出ているロンちゃんです。

私たちはうちの子として世話してますが、ロンちゃんはそうは思ってないかもですけどね^^;

今日はキャンディーがまた咳をしたり、声まで枯れてきたのでキャンデイーの診察に行った時に、ロンちゃん用にブロードラインも出して頂いてきました。

キャンディーのガラガラ声の方は咽頭炎らしく、抗生剤と免疫力を高めるためにインターフェロンも始めました。

2週間ごとにインターフェロンの注射をしてしばらく様子見です。


ブロードラインの使い方

ロンちゃんに自分でブロードラインをつけてみます。

ロンちゃん「にゃんだ?」

パッケージから出すとこんな感じ。

まず、先のゴムの蓋をはずして、首の辺りの毛をよけて皮膚にブロードラインの液を押し出しながら皮膚に垂らしていきます。

首の辺りの毛にもついて少し濡れたようになっています。

前に獣医さんでもつけてもらいましたが、どうしても毛にもついてしまうんですね。


肩甲骨の間と言っても、セルフグルーミングでなめちゃうといけないので、私は肩甲骨の間でも首の近くにつけました。

しばらくは油がついたような感じになっています。

ただ、今回はニオイが以前ほど強くなくなっています。

以前はかなりニオイがしていたのが、今回は鼻を近づけないとほとんど薬のニオイがしない。

でもこれで、ノミやマダニ、フィラリア、回虫などにも対応できてしまうので安心ですね^^

1本2200円(税抜)でした。

ブロードラインの副作用はあまりないようですが、少数の報告はあるようですね。

かゆみや、それによる引っかく事での脱毛、また稀に嘔吐や下痢、発熱などもみられる場合もあるそうです。

ロンちゃんは、特に何かの副作用はあらわれませんでした。

・・・と思ったら。

今朝ブラッシングをしてあげてから、散歩に出かけたロンちゃん。

帰ってきたら、首元の毛が少し抜けて飛び出していたので、その部分をブラッシングして抜けてるアンダーコートを取ってあげたんですが。

また、夕方に同じ部分の首元の毛が飛び出していたんです。

ひょっとして、ブロードラインの副作用の「かゆみ」で自分で後ろ足で首を掻いたのかも?!

ただ、うちで首を掻いたりしている所も見ていないし、今も目の前でゴロンとしていて痒がっている様子もないので、落ち着いたかな^^

以前、獣医さんにブロードラインをつけてもらった時の記事はこちら。

>>猫用ブロードラインを使ってみました。レボリューションとの違いは?

ブロードラインをつけると、他の猫たちにニオイを嗅がれたりもするので、舐められないように気をつけていましたよ^^;