アモキクリア錠の効果は?期間はどれくらい?

アモキクリア錠の効果について

アモキクリア錠は、広範囲の細菌に効果がある犬猫用の

ペニシリン系の抗生物質です。

うちの猫たちは、「風邪のクシャミ」や、「黄色い鼻水」が

気になる時に処方されました。

アモキクリア錠の有効菌などの詳細です。

有効菌種:ブドウ球菌適応症

犬猫:細菌性皮膚感染症

風邪だけでなく、下記のような他の症状でも処方されていますよ。

犬猫の膀胱炎や化膿止めにも

若い猫の場合、細菌感染が原因となる膀胱炎は

少ないようです。

多くの場合は、ストレスなど原因不明との事で、

その場合は、アモキクリア錠では膀胱炎は改善しませんね。

ただ、高齢になってくると、免疫力が低下したり、

色々な疾患がある場合も増えるので、

細菌性の膀胱炎にかかる割合も増えてくるそうですよ。

また、

・避妊手術後の細菌感染の予防

・けがをした時の化膿止め

などにも処方されていいます。

アモキクリアの効果が見られるまでの期間・日数は?


我が家の風邪をひいた猫たちの場合、

アモキクリア錠を飲んでも最初の数日は、

あまり変化は感じられませんでした。

やはり、人間でも抗生剤を飲んですぐには、

風邪は治りませんからね^^;

うちのキャンディの場合、だいたい4日目くらいから

ちょっと鼻水が減ってきたかな?

という感じになりました。

でも、免疫力が弱い子なので、1週間目でも、

まだ完全には、治らないんですよね><

ひどい時には、10日分処方されて、

飲みきっています。

そこまでやらないと、またすぐにクシャミと

鼻水、咳がぶり返してきちゃうんですよ。

クーちゃんが風邪をひいた時には、

1週間でクシャミや鼻水も治りましたよ。

その子の免疫力や、症状の程度によって、

飲む期間が変わってきます。

抗生剤は処方された期間は飲みきらないといけません。

途中でやめてしまうといけないので、

副作用がないようなら、猫ちゃんの様子を見ながら、

4日間、1週間、10日間などの処方された分を

ちゃんと飲みきるようにしてあげて下さいね。

※アモキクリア錠の副作用についての記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする