アモキクリア錠100の猫の副作用は?食欲不振や下痢などが現れたら



猫に抗生剤を飲ませる時に、気になるのは飲ませやすいのかという事と、副作用ですね。

先日、風邪気味のクーに、アモキクリア錠という青い錠剤が処方されました。

クーは一時痩せて心配していたんですが、今は体重も3.4kgに戻って、アモキクリア錠を1日2回、4分の1錠を10日間飲ませることになりました。

アモキクリア錠は、5kgの猫には1回半錠。

真ん中に線が入っているので、2分の1にするには簡単なんですね。

クーの体重に合わせた4分の1にするにはピルカッターが必要ですが、病院ではちゃんと1回量ごとに割ってくれているので大丈夫です^^

アモキクリア錠ってどんな抗生物質?

アモキクリア状は、広範囲の細菌に効果があるペニシリン系の抗生物質

猫に抗生剤を飲ませるのは、苦味などあるものが多いので泡を出したり、ネバネバのヨダレをダラダラと出してしまったりと、大変な場合もあるんですよね><

ちゃんと飲ませても、苦味が上がってくるのか、その後に吐いてしまう高齢猫もいましたよ。

でも、このアモキクリア錠は、魚味のフレーバーがついていて、抗生剤の中でも飲ませやすい錠剤なんですね。

クーちゃんの口を開けさせて、喉の方に落とした時に「ちょっと浅かったかな?」と思った時にも、吐き出すこともなくちゃんと飲み込んでくれましたよ^^

ビタミン剤も一緒に出してもらったんですが、ビタミンの錠剤は、吐き出されてしまいました^^;

アモキクリア錠は、本当に美味しい(?)みたいです。


アモキクリア錠の副作用は危険?

アモキクリア錠は初めてかも・・・と思って、念のため副作用なども調べておきました。

比較的、副作用が少ないと書かれていますが、一過性の嘔吐や軟便、下痢、食欲減退などがでる場合もあるようですね。

また、AST(肝機能?)の上昇がみられることもあるとの事。

実際に使った猫ちゃんたちのお話では、食欲減退が見られたり、中には嘔吐や下痢がでて、大変な事になった子もいるようです。

まず、薬を飲ませて吐いてしまうような場合は、すぐに服用を中止して病院に相談して下さいね。

その抗生剤がその子には強すぎたり、合わない場合もありますので。

軟便から下痢になる場合もあるので、その際は脱水にならないよう水分はしっかり摂らせましょう。

今回、クーに朝晩、アモキクリア錠を飲ませながら、様子を見ておくことにしました。

1回4分の1錠と少なめですし、クーの場合は特にお腹の調子が悪くなるような事もなく、風邪の症状も治まってくれましたよ。

ただ、食欲減退やお腹の調子が悪くなっても飲ませ続けて、危険な状態になった子もいるようなので、お薬を飲ませた後の猫の調子が悪くなったら、とりあえず中止して獣医さんに相談する事が大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする