アドボケート猫用の価格・副作用は?レボリューションとどっちがいい?

猫のノミ・ダニ対策のお薬『アドボケート猫用』の効果と副作用、格安通販サイトの情報などの記事です。

アドボケート猫用の効果・副作用

アドボケート猫用の効果

バイエル薬品の「アドボケート猫用」は、フィラリアの予防、ノミ、ミミヒゼンダニ、猫回虫及び猫鉤虫に対応しています。

ブロードラインに「ミミヒゼンダニ」への効果もプラスしたような感じですが、アドボケートは「マダニ」には対応していません

つけ方は、猫の肩甲骨より少し上の被毛を分け、容器の先端を皮膚に付けて全量を滴下します。

自分でなめられない位置がおすすめです。

(※投与頻度は月1回を超えないよう注意)

使用量は体重に合った量を使用します。

1kg以上4kg未満・・・0.4mLピペット1個全量
4kg以上8kg未満・・・0.8mLピペット1個全量
8kg以上・・・適切なピペットの組み合わせ

4kg未満用は、生後9週齢以上で体重1kg以上の子猫から使用できます。

使用はひと月に1回の目安です。

次回の使用までに、1ヶ月空ける必要があります。

また、妊娠中、授乳中の猫には使用できません。

アドボケートの副作用

猫への副作用はほとんど見られないようですが、まれに副作用が見られる場合もあります。

投与直後に投与部位を舐めた場合に、まれに運動失調、全身性の振戦、眼の徴候(散瞳、瞳孔反射の微弱化、眼振)、異常呼吸など一過性の神経徴候が生じることがあります。

その他、詳細は通販サイトでも確認できます。

アドボケート猫用(Advocate for Small Cats) 4kg未満

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

※通販サイトにて2019年8月29日までの「クーポンコード」あり

ご購入の際に会員登録した方は、注文時に下記のクーポンコードを記入すると割引になります。

・お一人様1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。

クーポンコード:RPR59ZG7

副作用はまれですが、万が一、いつもと違う様子が見られた、早めに獣医さんに見てもらいましょう。

レボリューションとアドボケートの違いについて

ノミやダニのいる猫ちゃんや、一緒に耳ダニも駆除したい場合は、レボリューションか、アドボケートで対応できます。

このふたつの効能の違いは、「猫鉤虫」が対応しているかですね。

レボリューションは「猫鉤虫」には対応していません。

また、レボリューションは速乾性で時間後にはシャンプーしても大丈夫です。

また、外出する猫ちゃんには、マダニにも効果があるブロードラインがおすすめです。

こちらの記事も参考になります。

>>ブロードラインとレボリューションの違いは?

ブロードラインの格安通販はこちらから。

>>ブロードライン・スポットオン猫用(Broadline) 2.5-7.5kg

>>ブロードライン・スポットオン猫用(Broadline) 2.5kg未満

>>レボリューション45mg(猫用/2.6kg~7.5kg)

※ノミ・ダニ対策商品は2019年8月29日までの「クーポンコード」ありご購入の際に会員登録した方は、注文時に下記のクーポンコードを記入すると割引になります。

(ブロードライン・レボリューションは3%引き)

・お一人様1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。

クーポンコード:RPR59ZG7

アドボケートの価格・格安通販は?

アドボケートの価格は動物病院によって多少違いますが、1回1000円~3000円程度です。

格安通販サイトでは、レビューもあるのでチェックされるといいですね。

アドボケート猫用(Advocate for Small Cats) 4kg未満

体重4kg~8kgの猫ちゃんは下記の大型猫用になります。

アドボケート猫用(Advocate for Large Cats) 4-8kg

※ノミ・ダニ対策商品は2019年8月29日までの「クーポンコード」あり

ご購入の際に会員登録した方は、注文時に下記のクーポンコードを記入すると割引になります。

(アドボケートは10%引き)

・お一人様1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。

クーポンコード:RPR59ZG7

「いつも、病院にもらいに行くのが大変」

「多頭飼いだから、毎回費用がかさむ」

などの理由で、格安な通販を利用される方も多いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする